スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回訪問支援の報告

PDF ファイルですが、3/28~3/29において行われた被災地(福島県いわき市)への訪問支援の報告をサイトにあげております。
http://rainbowaid.jp/report01.pdf
いわき市への訪問支援は、4/13~4/14にも行っております(報告準備中)。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

街頭募金を実施いたしました

16日の「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議するデモ」終了後、解散地の新宿西口公園におきまして街頭募金活動をさせていただきました。
集計したところ金額は43,880円になりました。
ご協力ありがとうございました。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

「JAPAN レインボー・エイド」公式サイト オープンしました

発足以来、たくさんの応援のメッセージを頂いております。
本当にありがとうございます。

被災地で、声をあげられずに1人で頑張っているセクマイ被災者の方々に、皆さまの想いが届きますように。

そして、準備を進めていた「JAPAN レインボー・エイド」の公式サイトがオープン致しました。
http://rainbowaid.jp/

皆さま、ブックマーク&お気に入り登録をよろしくお願いします!


それからもうひとつ。
以前から協力して頂いている「石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会」が主催する
明日のデモ、『差別発言に「NO」と言える日本を!~石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する』において、募金活動をさせていただける事になりました。
ご協力をよろしくお願い致します。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

秋田県の「性と人権ネットワーク ESTO」さんからの支援のお願いです

1998年から、東北地域でセクシャルマイノリティの活動に取り組んでこられた
「性と人権ネットワーク ESTO」の代表、真木柾鷹さんからのメッセージをお知らせ致します。

以下、転載歓迎だそうです。
拡散にご協力お願い致します。

-------------------------------------------------------

被災者支援口座についてのお知らせ(ESTO)

日頃、ESTOの活動へのご理解とご協力をいただきまして、ありがとうございます。
当会へのお見舞いや情報提供をいただいた皆様には、厚く御礼を申し上げます。

3月11日の東日本大震災より一ヶ月が経ちましたが、4月7日の
深夜にも大きな余震が起こり、現在も余震が続いています。
亡くなられた皆様のご冥福を祈りますとともに、被災された
皆様にお見舞いを申し上げます。

メールや電話、SNS等により会員や関係者に確認したところ、
ライフラインが復旧し、物資が届いているところもありますが、
津波で家屋が流されて全壊したり、浸水のため住居スペースが限られるよう
になったり、ご親戚のところに避難をしたり、アパートが被害を受けて
引越しを余儀なくされる状態になっている人がいることが分かりました。

大地震発生当初は、会員や関係者の安否確認に追われ、支援金の呼び掛け
を行わない予定でしたが、すでにお見舞金や支援の申し出があったため、
通常の活動と被災者支援を区別するために口座を用意いたしました。

ゆうちょ銀行のみになりますが、ESTO会員と交流会等のイベント
参加者、相談窓口にアクセスをいただいた皆様に対しまして、
ご支援を希望される方が居られましたら、こちらまで支援金を
お寄せいただきたく、お願い申し上げます。

≪ゆうちょ銀行口座から≫
口座番号:18620-20635221
加入者名:ESTO事務局

≪他金融機関から≫
店名:八六八
預金種目:貯蓄預金
口座番号:868-2063522
加入者名:ESTO事務局

なお、今回は物資の受付は行いませんが、被災地のFTMに
使わなくなったナベシャツを提供できる方がおられましたら、
私書箱宛にお送りいただきたく、お願いいたします。
なお、ナベシャツは使用に耐えるもので、洗濯済みのものに
限らせていただきます。

<ナベシャツの送り先>
〒010-8691 郵便事業(株) 秋田支店 私書箱32号 ESTO宛

会員の被災状況は下記のとおりですが、ライフラインがほぼ復旧
していても大きな余震の発生により再び止まる恐れがあります。
支援物資が届いているところと届かないところの格差があり、
一人ひとりの心身の健康にも不安が募ります。
一ヶ月が経っても未だに入浴が出来ない人やGIDのオペ後に
被災地に戻られた人もいて衛生状態が心配です。
大きな余震が起これば、物資が届かなくなることも懸念されます。

<宮城県>
仙台市(11名+賛助団体):ライフラインが復旧し、ほぼ物資が届いている。
仙台市(1名):アパートが損害を受け、引越しを余儀なくされている。
多賀城市(3名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。
塩釜市(2名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。
石巻市(2名):ライフラインは復旧とのことだが、物資不足が不安。
石巻市(2名):津波で家屋が浸水し、車も使用不可、物資不足が不安。
石巻市(1名):津波で家屋が全壊のため、関東に避難。
亘理郡(1名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。
亘理郡(1名):住居は使用可だが、津波で車が使用不可、物資不足が不安。
柴田郡(1名):ライフラインは復旧し、ほぼ物資が届いている。

なお、福島県(3名)、岩手県(2名)、茨城県(1名)の会員は、
被災地沿岸部の居住者が居ないことから、被害を受けて
ないか、もしくは被害は軽いと伺っています。
今後の状況により支援が必要になりましたら、支援対象に
含めていきたいと考えています。

現在までにESTO宛にいただいた支援金につきましては、
仙台交流会の無料開催の経費と、物資が不足している
会員宅への支援物資の購入と発送費にさせていただく予定です。
お送りいただきました支援金につきましては、被災された会員や
関係者へのお見舞い金と支援物資として、お渡ししたいと思っています。

なお、ESTO会員には、セクシュアルマイノリティ当事者と
そのご家族の他に支援者もおりますが、お見舞い金の対象には、
被災されたご家族やパートナーをお持ちの会員と災害で
大切な家族の一員であるペットを失った会員も対象となることを
予めご了承ください。
また、お見舞い金や物資をお渡しするための事務局の交通費、
通信費、消耗品費、ボランティア保険加入費等にも充てさせて
いただきますことにもご理解をお願い申し上げます。

国内外の多くの皆様の善意により、義援金は今までにない金額が
寄せられているとのことですが、被災地が広範囲に及び、罹災証明書
の速やかな発行が困難な自治体もあることから、配分には
時間が掛かる見通しです。
一日も早く必要な資金が手元に届き、生活再建が始まって欲しいとの
願いは、被災者と支援者の皆様双方の想いであることと思います。

被災生活が長期化し、復興までの道のりは長く苦しく、多くの皆様が
厳しい毎日を辛抱強く耐えられていますが、たび重なる余震に神経が
磨り減る毎日のため、重篤なストレスへの懸念が募っています。

この度の東日本大震災により、不自由な生活を余儀なくされている
会員と関係者の皆様に、ご支援の手を差し伸べていただくことが
叶いましたら幸いです。
どうか、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2011年4月11日
性と人権ネットワークESTO 代表 真木柾鷹 拝

下記、4月開催のESTOイベントのご案内になります。
会場が狭いことから、多くの方にご参加いただけませんが、
無事の再会を喜ぶ一時を持ちたいと思っています。
-----

■第22回ESTO仙台交流会
テーマ:『災害とセクシュアリティ-それぞれの課題-』
日時:2011年04月16日(土) 13:30~16:30
参加費:無料
会場:community center ZEL
定員:15名+αの広さです

【会場へのアクセス】
仙台市青葉区国分町3-3-5 リスズビル9F
地下鉄「勾当台公園駅」公園2出口から徒歩5分。
定禅寺通り「東京エレクトロンホール(県民会館)」東隣
1Fが松屋のビルです。
http://sendai865.web.fc2.com/zel.html

◆詳細は、http://estonet.info/をご覧ください。

-性と人権ネットワークESTO-
Sexualities and Human Rights Network ESTO
〒010-8691 郵便事業(株) 秋田支店 私書箱32号
E-MAIL esto@estonet.info FAX 05014506768
TEL 08060498843(電話相談・イベント参加受付用)
WEBサイト http://estonet.info/

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

「JAPAN レインボー・エイド」 正式発足しました。

3月11日(金)東北地方を中心に、地震・津波・原発事故と同時に三つの災害が発生しました。

震災直後から「セクシャルマイノリティの視点から現地の助けになれる事」を模索し、「LGBTレインボー基金準備会」の立ち上げの呼び掛けが始まり、手探りでの活動が続いていました。

そして、震災・事故から1ヵ月。
「LGBTレインボー基金準備会」は「JAPAN レインボー・エイド」と名を改めて、正式に発足致します。

震災以来、東北のセクシャルマイノリティコミュニティの方々、被災当事者の方々から様々な情報が寄せられ、東北地方のコミュニティの方々と連絡を取り合ったりしながら、現地からの要請を受けて物資の搬送などを行ってきました。

活動の詳細については、近日中にオープンするサイトにて、報告書を挙げるよう準備を進めております。
まずは先行して、ブログからの始動となります。

被災地への支援は長期的なものになります。

とある民間の被災地支援プロジェクトの会合でお話した、救命救急がご専門だという医師は
「この支援計画は20年計画だ。すでに震災孤児が80人以上いるのだから、彼らが成人するまで続けなければいけない」
と言っていました。
そのくらい長い「長期的」支援になるのだという覚悟で活動していくつもりです。

ご支援、ご協力、よろしくお願い致します。


「JAPAN レインボー・エイド」事務局

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

レインボーエイド

Author:レインボーエイド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。